やる気りんりん麒麟館
勉強の楽しさを伝える学習塾「やる気りんりん麒麟館」です。幼少期から勉強を楽しく教えるテクニックを、ご家庭でも実践できるように発信していきます。

24 August

やる気りんりん麒麟館、名前の由来について

札幌の八軒にある小さな学習塾「やる気りんりん麒麟館」です。

うちの塾のコンセプトや授業内容などを発信していくために、ブログを開設したのですが、雑務の多い代表はたった一回書いただけで、何か月も放置状態にしてしまいました。

できる時に少しずつ、うちの通塾生だけでなく、いろんな方に役立つ情報や考え方も含めて発信していけたらと思います。

やる気りんりん麒麟館、ちょっとふざけた感じのこの名前、実は占い師さんに占ってもらって決めました。
ますます、ふざけた感じに聞こえてしまうかもしれませんが、この名前が決定するまで、
・どんな塾なのか
・どんな目標をもって教育活動をしているのか
・何が特徴の塾なのか
などなど、じっくりと話を聞いてもらい、これからの方向性もまとまってきたのでした。

昨今の学校、家庭、塾、進学先などをよく見ていると私にとっては悪循環に見える状況が見えてきます。
?小学生の時は技術を身に着ける習い事や体を動かすお稽古事が人気で、勉強は学校で教えてくれるので十分だと思っている。
?中学校で勉強が分からなくなってきたので、テストで手っ取り早く点数が取れるように要点を絞って教えてくれる塾に入る。
?テストに出やすいところを丸暗記して、高校に入学するため、高校で学ぶ膨大な量の勉強を丸暗記するわけにいかずについていけなくなる。

ですから、?の問題を解決するために小学校時代に他のお稽古事と両立できるお月謝で授業を行いまずは勉強に対する姿勢を教え、?の中学生の問題を解決するために、中学生になったら勉強の仕方も試行錯誤して学習する場を提供し、?高校になっても伸び続ける、丸暗記ではない考えられる頭を作り上げる、という教育活動をしたかったのです。

マスコットに決定した麒麟は、まずは動物のきりんの背の高いイメージから、小学校時代から楽しくうちの塾に通っていた子ども達が学校ではいつの間にか他の子ども達より学力という身長が抜きんでてくることと、伝説の麒麟は治世の良い時代に出現するという言い伝えから、うちの塾の卒業生が社会のリーダーとなってより良い社会を築いていくという事を象徴しています。

そして、なぜやる気満々でなくてやる気りんりんかというと、気りんの部分にもう一つ麒麟をしのばせたのと、授業中に何度も体験した場面のイメージからです。

小学生くらいの子ども達は、授業中も本当にワイワイがやがやまるで動物園です。でも、必ず一回はみんなが集中して問題に取り組んで、頭の中で一生懸命考えている、目に見えないはずのやる気が子ども達の体からりんりんと光を放っているように感じる習慣があるのです。
それは神がかった神々しい瞬間でもあります。

こんなやる気を学んだ子ども達は、中学校以降も自立して勉強に取り組めるようになり、それこそがやる気りんりん麒麟館が目標とする「勉強が大好きになって、自ら勉強する」
子ども達を育て、さらには一生勉強し続ける大人につながると思っています。

幼稚園生から教えていた世代が、来年の春には中学生になります。
結果が出るのに本来はとても長い時間がかかる、教育活動ですが、学校の先生ではなく、塾の講師として関われたことで、より深くより長く一人一人のお子さんと向き合えたことは私の財産であり、それを引き継いでくれる講師の皆さんのおかげで、子ども達の未来もとても楽しみな毎日です。

これから、この「やる気りんりん麒麟館」をどうぞよろしくお願いいたします。

00:39:39 - rinrinkirin - No comments -

02 May

=?UTF-8?B?5o6I5qWt6aKo5pmv772e5pyt5bmM?=

10:03:25 - rinrinkirin - No comments -

01 May

やる気りんりん麒麟館、スタートです

みなさん、初めまして!
北海道と埼玉での小さな学習塾「やる気りんりん麒麟館」です。

初めましてですが、実は札幌で小さな塾を始めてから、はや6年目となります。

日本各地、関東、北海道、近畿と移動の多かった人生の中で引っ越し先でも気軽に始められるお仕事として、家庭教師や学習塾というものに携わってきた身ですが、もともと子どもが大好きな事もあり、今では「天職だ」と思うまでになってきました。

そして、日本各地のいろんな形態の塾にかかわりつつ、良いところは真似して、無駄だと思うところは排除して、生まれたのがラボ・さっぽろでした。

しかし、ラボという名前は塾の名前にはよく使われるようで、名刺交換をすると「?あの″ラボですか?」とフランチャイズ展開している塾と勘違いされることも多かったので、改名の必要性をずっと感じていました。

そこで新しい名前を考えて、一応縁起の良い名前を付けられるように、占い師さんに見てもらったのですが・・・
いくつか考えていった名前はすべて却下、その場で即興で考えなければならないという状況になってしまいました。

そんな中、ひょこっと出てきたこの「やる気りんりん麒麟館」、(やる気満々じゃないの?)とか(動物園じゃあるまいし)と突っ込みどころ満載です。

それでも「やる気りんりん麒麟館」なんです!

ちょっと長くなってしまいそうなので、名前に込められた思いは明日以降にまわします。

とにかく、今年度から、「やる気りんりん麒麟館」、スタートです。
20:51:09 - rinrinkirin - No comments -